部門全体

キャリア教育科目について

北海道大学では、全学教育において『キャリア』に関する科目を設定しています。
こうした科目を通じて、皆さんの将来や人生を考える上で、大学生活がいかに重要なのかを考えてほしいと思っています。

担当教員等
 高等教育推進機構 准教授  亀野 淳
 高等教育推進機構 准教授  三上 直之

キャリアデザインI

 

ー自分の未来を自分で考えよう

 

授業の内容

新入生を対象に、大学で「学ぶこと」と社会で「働くこと」の意義や関連性を考えて、将来のキャリアを自分で考えることを目的に平成17 年度より開講しているこれまでにない新たなプログラムです。社会の第一線で活躍する特別講師による講義に加え、これらの講義 内容をテーマとした小グループ 討論、プレゼンテーション等や自己分析を実施します。

 

開講日時

第1学期(春ターム)毎週木曜日 5講時(16:30~18:00)

第1学期(夏ターム)毎週木曜日 5講時(16:30~18:00)

 

シラバス

2017年度シラバス(春ターム)

2017年度シラバス(夏ターム)

 

スケジュール

2017年度スケジュール

 

受講生の声

・人と関わるということは、その視点を共有することであり、自分にはない新たな視点を発見することである。講義をきっかけにそのことに気が付いてから、社会に出るのが怖いという思いが消え、社会人生活が楽しみになった。

・講師の方の話を伺う中で、何でも積極的に経験してみることが大切だと実感した。それからは、はじめのうちは恥ずかしいと思っていた「質問する」ことが次第にできるようになった。

・他とは違い、自分について考えることがとても多い講義だった。例えば、自分の能力・長所・短所等を知ることが出来たが、それ以上これから先の大学生活において何を意識して過ごせばいいのかを考えるきっかけになったことに意義があったと思う。

・この講義によってもともと白紙に近い自分のキャンパスに、多くの線を描くことができた。まだそのキャンパスは未完成だが、講義でより多くの線をデザインするための力も得ることも出来たと思っている。

 

前年度までの内容

2016年度スケジュール
2015年度スケジュール
2014年度スケジュール
2013年度スケジュール
2012年度スケジュール
2011年度スケジュール
2010年度スケジュール

 

これまでの外部講師 (肩書きは全て当時、敬称略)

2016年度講師

富士ゼロックス株式会社顧問 日比谷武氏
NHK札幌放送局放送部記者 浅川雄喜氏  企画総務部人事担当 小林史朗氏

 

2015年度以前講師

 

授業映像(北海道大学オープンコースウェア:学内限定)

2011年度キャリアデザイン授業(学内限定)

 

キャリアデザインⅡ

2年生以上を対象に、大学で「学ぶこと」と社会で「働くこと」の意義や関連性を考えて、将来のキャリアを自分で考えることを目的に平成 23年度から平成25年度まで開講しました。

 

開講日時

 

シラバス

 

スケジュール

 

前年度までの内容

2013年度スケジュール
2012年度スケジュール

2011年度スケジュール

 

大学と社会

社会の第一線で活躍する北大の卒業生(先輩)が後輩である皆さんのために毎回講義をします。
学生時代のこと、卒業後の仕事のこと、後輩である皆さんへのメッセージなど、先輩ならではの熱い講義です。平成10年度より実施しています。

 

開講日時

第2学期(秋ターム)毎週木曜日 5講時(16:30~18:00)

第2学期(冬ターム)毎週木曜日 5講時(16:30~18:00)

 

シラバス

2017年度(秋ターム)シラバス

2017年度(冬ターム)シラバス

 

スケジュール

2017年度スケジュール(準備中)

 

受講生の声

・とにかく印象的な講義だった。講師の方の生きざま全てが素晴らしく、本当に鳥肌が立った。情熱的なお話に涙がこみ上げ、自分が抱えていた悩みが取るに足らないものであったことに気づいた。

 ・あっという間の60分。インターンシップや企業採用の話など伺うことができ、就職活動の不安を解消してくれた。

・ユーモアに溢れた楽しい講義。仕事に楽しさを見出す講師のお話が、仕事は辛いものというイメージを変えてくれた。

・自分の仕事が誰かの役に立つことはこの上ない喜びなのだと。講師の方の話を聞いて心からそう思った。

・「選択と決断」「縁」「挑戦」は相互に影響しあっているのだと思った。失敗を恐れず挑戦することや出会いを大切にすることは人生を充実したものにし、選択と決断の幅を広げてくれるのだと気づいた。

・アルバイトで失敗続きだった為、社会人になる事に不安を感じていた。しかし、講義では成功談だけでなくリアルな失敗談も伺うことが出来、どんな優秀な人でも失敗するし、それを乗り越えて皆社会で頑張っているのだと気が付くことができた。

・講師の方の多様性や人と違う事に対する関心の姿勢がとても印象的だった。同質の人たちといつまでも一緒にいることを良しとしては自分の更なる成長には繋がらないのだと感じた。

・どの講師の方のお話も面白く、質問もできて、気づけば最も好きな講義のひとつになっていた。この講義を通じて進路についてより深く考えるようになったと同時に、新たな視点や考え方も沢山知ることができた。後輩にもぜひ受講をおすすめしたい。

 ・大学当初はなんでも挑戦してみようと意気込んでいたものの、不安や面倒くささから消極的になっていた。この授業はそんな私の意気込みを取り戻させてくれたし、より確かなものにしてくれた。自分の進む道の正しさを証明してくれた講義だと思う。

 ・専門も職種も違う様々な人生の先輩の話を聞くことができ、沢山の刺激を受け自分の今と将来について考え直すきっかけとなった授業だった。

 ・自分のやり方次第で、自分の未来はどうにでも変えられるのだと気づかせてくれる講義だった。少しでもプラスの方向に未来を変える事ができるように、日々精一杯努力していきたい。

 ・様々な場所で活躍する先輩たちの話を伺うことのできる貴重な講義だった。最終回、前で話す講師の先輩を見ながら、「いつかあそこに立ちたい」と思う自分がいた。

 ・将来の仕事の話だけでなく、何から始めてよいかわからなかった大学生活に関しても、先輩が大学時代やっておけばよかった事、こうしたらよかったと思った事など沢山伺う事ができた。この講義のおかげでこれからより良い学生生活を送ることが出来ると確信している。

 

授業映像(北海道大学オープンコースウェア:学内限定)

2013年度大学と社会授業(学内限定)

 

前年度までの内容

2016年度スケジュール
2015年度スケジュール

2014年度スケジュール
2013年度スケジュール
2012年度スケジュール
2011年度スケジュール

 

PAGE TOP